モジュール・オブジェクト・メソッドの関係

モジュールとは

モジュールはよく使う処理があらかじめ定義されているファイルです。

例えば、日付や時間のデータを操作するためのdatetimeモジュールがあります。

利用するファイルの先頭で利用するモジュールを呼び出します。 モジュールを使うときは、プログラムの先頭にimport文を書いてモジュールを呼び出します。

例: datetimeモジュールの呼び出し

import datetime

オブジェクトとは

文字列やリスト、日付などがオブジェクトです。

オブジェクトはデータを扱うときに便利な関数を持っています。

例えば、datetimeモジュールのdatetimeオブジェクトには日付や時間を扱う関数がまとめられています。

参考: Python3 ドキュメント - 標準ライブラリ - datetime

例えば、datetimeオブジェクトを利用する時は以下のように呼び出します

例: datetimeオブジェクトの呼び出し

from datetime import datetime

モジュールとオブジェクトの名前が同じなのでわかりづらいですが、fromの直後のdatetimeはモジュール、 importの直後のdatetimeはオブジェクトです。

メソッドとは

オブジェクトが持つ関数です。

例えば、datetimeオブジェクトは現在時刻を返すnow()メソッドや日時を文字列に変換するstrftime()メソッドなどを持ちます。

例: datetimeオブジェクトが持つメソッドを使う

from datetime import datetime

now = datetime.now() # 現在時刻を取得する

now_str = now.strftime('%Y/%m/%d') # 現在時刻nowをyyyy/mm/dd形式の文字列に変換する

まとめ

モジュール・オブジェクト・メソッドの関係

モジュール
(例: datetime)
└ オブジェクト
  (例: datetime)
  └ メソッド
     (例: now(), strftime())

このような階層構造をイメージするとわかりやすいでしょう。