NumPyの乱数

主なNumPyの乱数

乱数
名前 意味
beta 第1種のベータ分布に従う乱数(0から1の連続値)。αとβの2つのパラメータで形状を指定。
binomial 二項分布に従う乱数(0以上の整数値)。確率pで成功する独立な試行をn回実行した時の成功回数の分布。
choice リストから等確率で発生。
dirichlet ディリクレ(Dirichlet)分布に従う乱数(0から1の連続値)。多変量ベータ分布。
exponential 指数分布に従う乱数(0以上の連続値)。平均を指定。
multinomial 指定した割合で発生する整数の個数(0以上の整数値)。
multivariate_normal 多次元正規分布に従う乱数(-infからinfの連続値)。相関のあるN個の正規分布の乱数。
normal 正規分布に従う乱数(-infからinfの連続値)。平均値を頂上とする左右対称の山型の分布。
poisson ポアソン分布に従う乱数(0以上の整数値)。「単位時間あたり平均でλ回発生する事象」の発生回数。
rand 一様分布に従う乱数(0から1の連続値)。
randint 一様分布に従う乱数([low, high)の整数値)。highは含みません。
randn 平均0、標準偏差1の標準正規分布に従う乱数(-infからinfの連続値)。
uniform 一様分布に従う乱数([low, high)の連続値)。highは含みません。

さらに詳しくは、Random samplingを参照ください。