シーケンス(sequence)

シーケンスはオブジェクトを順番(シーケンシャル)に処理するためのデータ構造です。

基本的なシーケンス型は、リスト 、タプル、rangeオブジェクトの3つです。

共通のシーケンス演算

リスト、タプル、文字列で共通の操作を行えます。

演算 解説
x in s s の中にxと等しい要素があれば True , そうでなければ False
x not in s s の中にxと等しい要素があれば False, そうでなければ True
s + t s と t の結合
s * n または n * s s 自身を n 回足すのと同じ
s[i] s の 0 から数えて i 番目の要素
s[i:j] s の i から j までのスライス
s[i:j:k] s の i から j まで、 k 毎のスライス
len(s) s の長さ
min(s) s の最小の要素
max(s) s の最大の要素
s.index(x[, i[, j]]) s 中で x が最初に出現するインデックス (インデックス i 以降からインデックス j までの範囲)
s.count(x) s 中に x が出現する回数

イミュータブル

イミュータブル(immutable)なオブジェクトとは、 作成後にその状態を変えることができない オブジェクトのことです。 タプルなどです。dictのキーに利用できます。

ミュータブル

ミュータブル(mutable)なオブジェクトとは、 作成後にその状態を変更できる オブジェクトのことです。 リストなどです。

テキストシーケンス型

文字列 は、イミュータブルなシーケンスです。

詳しくは、公式ドキュメントの 4.6. シーケンス型 — list, tuple, range を参照ください。