タプル

タプル(tuple)はリストと同じようなデータ構造ですが、変更不可(イミュータブル)という特徴があります。 (1, 2)のように丸括弧を使って表現します。ただし、自明な場合は丸括弧を省略できます。 たとえば、a = (1, 2)は、a = 1, 2と記述できます。

  • リストと同じくイテラブルです。
  • リストと同じくインデックスを使って参照できます。
  • 要素は何でも入れられますが、作成後に変更できません。
    • タプルにタプルを入れられます。

参考:Python チュートリアル - タプルとシーケンス

タプルの書き方の補足

要素数が0個のタプルは、()と書きます。 要素数が1個のタプルは、(要素,)と書きます。要素の後ろにカンマが必要になります。カンマがないとタプルになりません。

タプルの用途

タプルは変更不可のため、以下のようなところで利用されます。

  • 集合(set)の要素。
  • 辞書(dict)のキー。
  • 変更されないことを保証したいとき。