コミット

作業の単位ごとにコミットを行い、作業の履歴を残しておきます。 履歴を細かく残すと、問題が発生し過去のコードを戻す場合に戻しやすくなります。

add

コミットしたいファイルを登録します。

$ git add ファイ名

追加、変更したファイルをすべてコミットしたい場合は、下のように書きます。

$ git add .

commit

git add で追加した変更ファイルの状態を保存します。

$ git commit -m 'メッセージ'

-mオプションを利用し、保存する追加、変更、修正などに関するメッセージを必ず書きましょう。 メッセージは他のメンバーに伝わる意味のある内容を書きましょう。

悪い例:

  • コミットします。
  • 2017-01-01 15:00
  • ohmura

コミット時の日付、更新した人はgitの機能でわかりますので書かなくて良いです。

いい例:

  • ログイン時の文字化けを修正
  • 誤字修正:街初 -> 開発

プロジェクト番号などあれば、それも書きましょう。

push

1日の終りなど、キリが良い時はリモート環境(Githubのサーバー)にプッシュ(保存)しておきます。これで、何か不測のことがあっても作業中の内容をチームで共有できます。

初回のpushの時に -u を付けておくと、2回目から git push だけで前回と同じ場所へpushします。

$ git push -u origin feature-login

2回目以降

$ git push