while文

while文は、式の値が真である間、実行を繰り返すために使われます。 式を判断し、結果が真の場合は、次の行以降のブロックの処理を繰り返します。

while 式:
    処理

例:

x = 1
while x < 5:
    print(x)
    x = x + 1

実行結果:

1
2
3
4

while文は式がFalseになるまで実行されます。

while True:
    処理

式の部分にTrueを指定できます。この場合、処理は無限に実行されます。(これを無限ループと呼びます)

処理の中に条件を書いて終わらせることができます。処理の中でループを終わらせるには、breakを使います。

x = 1
while True:
    print(x)
    x = x + 1

    if x > 5:  # xが5より大きくなったら、ループを終了する
        break

実行結果:

1
2
3
4
5

公式ドキュメント

詳細は、3.2. プログラミングへの第一歩while文を参照してください