文字列

“Hello”などの文字が並んだものを文字列と表現します。

文字列の指定方法

  • シングルクォート(')で囲む。
  • ダブルクォート(")で囲む。
  • 三重引用符(’‘‘3つのシングルクォート’‘’, “”“3つのダブルクォート”“”)で囲む。この場合は複数行に分けることができる。
hello = 'Hello, World!'
greeting = "Good morning!"
information = '''こんにちわ世界。
さあ、Pythonを学びましょう。
'''
print(hello)
print(greeting)
print(information)

スライス

[]を用いて、文字列の一部を抽出できます。これをスライスと呼びます。指定する添字を覚えましょう。

a = 'Hello, World'
print(a[0])  # 1番目の文字 

1番目の文字

print(a[7:])  # 8文字目から最後まで

8文字目から最後まで

print(a[2:4])  # 3文字目から4文字目まで

3文字目から4文字目まで

print(a[:5])  # 最初から5文字目まで

最初から5文字目まで

print(a[-1])  # 最後の文字

最後の文字

print(a[:-3])  # 最初から末尾3文字目の直前まで

最初から末尾3文字目の直前まで

ファイル名の拡張子(最後の3文字)だけ取り出す。ファイル名から拡張子を取り除くなどに使われます。

file_name = 'hello.exe'

# 拡張子
print(file_name[-3:])  # exe
# 拡張子を除く
print(file_name[:-4])  # hello

公式ドキュメント

さらに詳しく学ぶには、6.1. string — 一般的な文字列操作を参照ください。