文字列フォーマット

文字列の中に変数などの値を埋め込む方法です。

文字列結合

プラス記号(+)で結合します。

a = 'Hello'
b = 'World'
sample = a + ', ' + b
print(sample)

%演算子のフォーマット

文字列内で%sなどと指定し、%の後ろで指定した値と入れ替えます。

a = 'Hello'
b = 'World'
sample = '%s, %s' % (a, b)
print(sample)

文字列と入れ替えるなら%s、10進数なら%dなどです。 さらに詳しく学ぶには、公式ドキュメントの4.7.2. printf 形式の文字列書式化を参照ください。

format()の利用

文字列.format()を利用します。

  • ポジション
a = 'Hello'
b = 'World'
sample = '{0}, {1}'.format(a, b)
print(sample)
- `format()`の中の変数のポジション(位置)の番号を指定します。
- `{}`の出現順と引数の並び順が揃っている場合はポジションを省略可能です。
```python
sample = '{}, {}'.format(a, b)
```
  • 名前 {}にキーワードを指定し、そのキーワードを利用しての変換位置の指定も可能です。
a = 'Hello'
b = 'World'
sample = '{hello}, {world}'.format(hello=a, world=b)
print(sample)

この場合、変数の指定順序は気にしなくて良いです。

さらに詳しく学ぶには、公式ドキュメントの6.1.3. 書式指定文字列の文法6.1.3.2. 書式指定例を参照ください。